ファイナンシャルプランナーの年収

ファイナンシャルプランナー(FP)が国家資格になってから、企業の注目度も高まっています。銀行や証券会社など金融関係では必須資格ですし、
保険会社も同様。最近は大手メーカーでもファイナンシャルプランナー(FP)を必須資格とする企業も増えてきました。
就職対策として、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取得する学生だけでなくても、社会人として必要な教養知識を身に付けるためにも、
ファイナンシャルプランナー(FP)はとても有効な資格だといえます。
私の場合も保険会社に再就職する際、ファイナンシャルプランナー(FP)資格の取得が正社員になるための条件と言われました。

そこで気になるのが、ファイナンシャルプランナー(FP)って儲かるの?
ってこと。
企業系と独立系では、仕事の内容も異なりますので、別々で
紹介しましょう。

<企業系ファイナンシャルプランナー(FP)年収>

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格そのものは、直接年収に反映してこないと言ってもいいでしょう。中には、数万円の資格手当が出る企業もありますが、保険会社や証券会社などでは、資格を取って当たり前という考えがあるので、あまり期待はできないでしょう。
前にも言ったとおり、企業系ファイナンシャルプランナー(FP)は自社製品を販売するのが主な仕事です。
保険会社を例にあげると、「基本給+歩合」という会社が多く、個人の
営業・売上が年収に繋がります。そして、良い成績を上げればそれだけ
昇進することでしょう。
ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を持つことで、
顧客の信頼へ繋がる⇒売上・年収アップ!

ちなみに、私の先輩の“おばちゃんファイナンシャルプランナー(FP)”は、年収1000万以上(!!)です。夫より稼ぎが良いからか、昨年離婚しちゃ
いました。妻の稼ぎが良すぎても、だめなのですね。

<独立系ファイナンシャルプランナー(FP)の年収>

独立系の場合は、相談料と顧客に商品などを紹介した場合の仲介
手数料が主な収入源になります。独立系で最近増えているのが、
「保険代理店」。数社の保険商品を扱い、顧客の契約を取ると、保険会社から仲介手数料が支払われるという仕組み。企業に勤めていると、自社
製品しか扱えないのに対して、保険代理店は、数社の商品が扱えるので、
顧客の幅も拡がり、それが年収に繋がります。この場合は、保険会社に
長年勤めていて、独立した人がほとんどです。

独立系は、ファイナンシャルプランナー(FP)事務所や金融仲介業者、
さらには講師や執筆業など、種類も様々なので、年収については一概に
言えません。しかし、資格を取得すれば、自分の頑張り次第で年収アップすることも可能なのです。そして、他の資格と相性の良いファイナンシャルプランナー(FP)は、ダブルライセンスでさらに、年収を上げることも
できます。
例えば、
●ファイナンシャルプランナー(FP)+宅建
不動産管理のエキスパート
●ファイナンシャルプランナー(FP)+社会保険労務士
企業の労務管理サポートと年金相談
●ファイナンシャルプランナー(FP)+行政書士
書類作成やお金にまつわる法律サポート

ただ、宅建以外は、非常に難易度が高い資格なので、それ相当の努力を
しなければなれませんが、ファイナンシャルプランナー(FP)を取得して
更なるステップアップを!と考える人には、おすすめですね。